カブ(天王寺かぶ、今市かぶ、みやま小かぶ、金町小かぶ)

カブは煮物、漬物、汁物の具など、古くから日本の食卓に根付いた野菜のひとつで、各地でさまざまな品種が育まれてきました。
当農場では以下のカブを栽培しています。

天王寺カブ

天王寺カブのシール

天王寺カブ

日本のカブの元祖といわれるカブで、江戸時代から栽培されている歴史ある品種です。一般にカブは白い根の部分より葉のほうが栄養価が高いといわれますが、この天王寺カブは葉もやわらかくておいしいカブです。
与謝野蕪村が「名物や 蕪のなかの 天王寺」と歌に詠んだことでも知られています。

おすすめの食べ方

煮物、漬物

早生今市カブ

奈良県伝統の小カブで、大きくなる葉もやわらかいことから根部とともによく食べられています。

おすすめの食べ方

煮物、汁物

みやま小かぶ

金町小かぶと樋の口かぶを掛け合わせて生み出されたカブ。肉質が緻密で甘みがあり、生で食べても柔らかくて美味しいです。

おすすめの食べ方

サラダ、漬物、汁物の具、煮物(煮すぎるととろけるので注意)、和え物などいろいろ使えます。

金町小かぶ

江戸東京野菜に認定されているカブ。東京の金町(現在の葛飾区東金町あたり)で育てられた小かぶの品種といわれています。煮崩れしにくく煮物に向いています。

おすすめの食べ方

煮物、漬物、汁物の具

 
 

▶︎▶︎栽培しているものーいろいろなものを少しずつ
 
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です