『土中環境』読書会

ということで、熱い女たちが立ち上がった!

里山周辺環境の火事🔥を自分ちの火事として捉えられる人を少しずつ増やすため、まずは身近な里山や田畑に興味をもってもらおうということになり、いろいろ仕掛けていく第一弾として、アツアツの女たちが『土中環境』という本の著者を招き、直球のどっしりした読書会を企画したのだ!

自分の足元が見えていない、という表現があるけど、あらゆる生き物の命の根元(ねもと/こんぽん)は土中に通じる。

その対象が本当に大事だと思うなら、どう大事なのか、どんな意味があるのか、なぜそうなのか、きちんと学ばなければ、人に伝えることができないし、人に響かない。

学生時代、ほとんど勉強しなかった(というかほとんど登校しなかった😅)から、学び直そう👍 自分の足元について、自分が根を張ろうとしている場について。

学べばまた新たな魅力が見えてくる。学ばねば見えるものも見えてこない。

あ、女たち、だなんて書いたけど、人生の大先輩たちです。スンマセン🙇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です